「北乃きい」


北乃きいが届ける等身大の応援ROCK LOVEソング


「Darl : orz」北乃きい
初回限定盤 \1,500(税込み)
通常盤 \1,000(税込み)
http://www.web-foster.com/artists/kie_kitano/index.php
資料提供/avex trax




 実力派女優・タレントとして活躍する一方、アーティストとしての実力も発揮しつつある北乃きい。そんな彼女の4thSGは等身大の女の子の気持ちを歌った応援ROCK LOVEソング。タイトルの「Darl : orz」は「Darling」(ダーリン)の略で、英語圏の若者の間ではボーイフレンドのことを指している。この楽曲で初のギターレコーディングに挑戦。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 女優として活躍する北乃きいが音楽活動を始めて約3年。待望のニューシングルではミュージックビデオのプロデュース、ギター演奏と幅広い彼女の魅力がみられる作品となった。


☆1 ニューシングル「Darl:orz」(ダール)リリースにあたって北乃きいさんのギターというところが気になります。この曲を期に始めたのですか。

★1 以前「BANDAGE バンデイジ」という映画に出演した際にバンドの物語だったので周りに影響されてギターを買ったんです。私の役はマネージャーだったので実際に弾くシーンもなかったんですけれど。買ったはいいですが、忙しさもあってなかなか弾けるようにまではなっていなくてちょっと放置していました。ちゃんと練習したのはドラマ出演がきっかけなんです。「トイレの神様」という作品でギターの弾き語りのシーンがあったので。


☆2 ドラマでは北乃さんが弾いているんですか。

★2 弾いてますよ!吹き替えはなしです。「トイレの神様」はアーティストの植村花菜さんの役をさせて頂いたのですが、私がアーティスト活動もやっているという事をふまえてキャスティングしてくださったんだと思うんです。吹き替えを使ったら私を選んでいただいた意味がなくなってしまいますから。



☆3 ギターは教則本とか買ってきたのですか。

★3 ギターのコードが書かれてあるアプリがあるんです。歌いながら都度都度そのアプリにあるコードを確認する、という練習をしていました。



☆4 今回のミュージックビデオはとてもカラフルでキュートです。北乃さんがプロデュースされているんですよね。

★4 コンセプトから細部のセットまでこだわらせてもらいました。衣装もビデオのイメージから作ったものなんです。(写真の北乃さんが着ているワンピースです)出演してくれている男の子はロンパースに王冠っていうイメージも出来ていました。もう3歳くらいなのでロンパースを着る年齢ではないんですけれど(笑)。細かくイメージが出来ていたのでセットのコードの色までこだわっているんです。


☆5 衣装デザインに映像プロデュースと色々な才能を発揮されてこれからの活動が楽しみですね。

★5 そんな視点を持ってもらっている事に驚いてます(笑)。歌を歌う時に自分の中でこのミュージックビデオのイメージがあったのでそれを見える形にしてもらうよう絵コンテを描いたりしてイメージを伝えました。俳優業とはまた違う音楽活動の楽しさでもありますね。


☆6 最近クロスフィットをやっていらっしゃるようですね。どんな内容なのですか?

★6 懸垂、バーベル、スクワット、ランニング、ジャンピングなどさまざまなウェイトリフティングをコーチにメニューを作ってもらって1時間みっちりやるんです。
その中でもメインのトレーニングは10分なんです。夢中でやっているので10分終わったらスクワット100何回やってたりもするんです。回数じゃなくて時間だからあまり気にしないのかも。



☆7 音楽活動も約3年、ライブも行われていましたが?

★7 だいぶ慣れましたが、ライブもすごく戸惑ったんです。お客さんを前にする、といっても映画の場合は出来上がった作品をみなさんに観てもらうんですが、音楽はここから作っていかないといけないんですよね。映画の舞台挨拶では足を運んで下さった感謝と作品紹介の挨拶をしても「盛りあがってるか?い!!」なんて言わない(笑)。でもライブは自分が盛り上げていかないといけなくて。ライブで「お越し頂きありがとうございました」って俳優モードでステージに立って浮いちゃった経験があるんです。はじめはすっごく恥ずかしかったんですけれどスイッチ切り替えて今は盛り上げています。お客さんと直接会うことで気付いた事も沢山あったんです。



☆8 北乃さんはブログでファンとよく交流されていますね。

★8 書き込みを読んでいると元気になれますから。このあいだすごく後悔した事があったんです。余命わずかと宣告されたファンの方がいたんです。入院生活で私の歌を聴いてくれたりとすごく私を闘病生活の心の支えにしてくれていたみたいで。私、その事を知ってサインなど送ったんですけれど実際にお見舞いをして歌ってあげたかったんです。でもスケジュールがとれなくて。しばらくしてお母様からお亡くなりになったという連絡をもらった時に愕然としたんです。忙しくてもちょっとでもお見舞いに行けていればよかったって。忙しさを理由に先延ばしにした自分にも腹が立ってひどく後悔したんです。これからは後悔しないよう思った事は実行するようにしようと思っています。



☆9 最後にニューシングルのPRをお願いします。

★9 今回の作品は私がミュージックビデオをプロデュースしています。メイクの仕方から動きから細部にわたってすごくこだわった作品となっているのでぜひ見てみて下さい。自信作です。3月にはアルバムをリリースしますのでそちらも楽しみに待っていて下さい。
●収録曲
1. Darl : orz
2. It’s All Right
3. Darl : orz (Insturumental)
4. t’s All Right (Insturumental)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
●アーティストプロフィール●
2005年「ミスマガジン2005」のグランプリを若干14歳(最年少受賞)で受賞後、CM/映画/ドラマへ数多く出演。2007年に主演映画 「幸福な食卓」にて第31回日本アカデミー賞新人俳優賞・第29回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞、さらに主演TVドラマ「ライフ」 (CX系列)にて第45回ゴールデン・アロー賞 新人賞ドラマ部門を受賞するなど、女優としてその活躍の場を広げる。多くの話題作品へと出演し、女優として多忙な日々を送る中、2010年あらたな挑戦として遂にアーティスト活動を始動。

http://www.web-foster.com/artists/kie_kitano/index.php
(別ウィンドが立ち上がります。)
 
音楽トップ